ピューレパール 石鹸

MENU

ピューレパールではなく黒ずみ解消石鹸ではダメなの?

黒ずみを解消できる石鹸があると考えている人は少なくないかもしれませんが正直、石鹸で黒ずみを防ぐことは難しいと考えるほうがいいかもしれません。

 

ピューレパール,石鹸

 

ピューレパールのように黒ずみの原因になるメラニン色素に働きかける成分が石鹸に配合されていたとしても石鹸は必ずすすいで洗い流し落としますよね。

 

と考えると黒ずみに対して有効に働くとは考えにくいのではないでしょうか。

 

古い角質や皮脂汚れが原因の黒ずみには意味がある

ただ、メラニンによる黒ずみではなく古い角質や皮脂汚れが毛穴につまってしまい酸化し黒ずんでいる場合であれば石鹸でも黒ずみを目立たなくすることも可能であると考えれますよね。

 

石鹸は全身をきれいに洗浄することが目的。
もちろん毛穴の汚れや皮脂も洗浄してくれるため毛穴の酸化した汚れが洗い流されることで石鹸でもきれいにできるとイメージできると思います。

 

しかし、脇やデリケートゾーンの黒ずみの主な原因はカミソリでの皮膚での刺激などによるメラニン色素の過剰分泌になるので石鹸では目に見えた変化を感じにくいと思うほうがいいかもしれません。

 

ピューレパールで黒ずみ対策をするにしても石鹸で体を洗い清潔にするのはとても重要になります。

 

洗浄力が強い石鹸は選ばないほうがいい

黒ずみ対策を考えるときには洗浄力が強すぎない石鹸を選ぶことが非常に大切になります。
脇でもデリケートゾーンを洗浄力の強い石鹸で洗浄すると肌の本来残っていないといけない皮脂までもが洗い流されます。

 

必要最低限の皮脂が残っていないとバリア機能の低下につながりますので衣服の摩擦をはじめとした外的なダメージを受けやすくなります。

 

刺激はメラニン色素の分泌につながりますので結果黒ずみの発生にもなってしまいますので低刺激でちゃんと清潔に洗える石鹸を選ぶ、使うことは間接的に黒ずみ予防になると言えるでしょう。

 

■合わせて読まれてます■
ピューレパールでなく重曹を使ってケアするメリットや注意点