ピューレパール ラポマイン

MENU

ピューレパールとラポマインの併用使いはあり?

ピューレパール ラポマイン

 

ピューレパールでワキガ対策ができると思ってる人もいるようなのですが基本的には無理と思うほうがいいです。

 

そもそも黒ずみの原因に対して働きかけるのがピューレパール
黒ずみとワキガでは原因が違うので意味はないことはイメージがつくと思います。

 

ただピューレパールを販売しているハーバーリンクスジャパンはラポマインというワキガクリームの販売もされています。

 

もし脇の黒ずみと脇のニオイ対策もしたいのであればピューレパールとラポマインを併用して使うのはあり!

 

ラポマインはワキガ菌に働きかける

ピューレパール ラポマイン

 

ラポマインは黒ずみではなく脇のニオイいわゆるワキガの原因に働きかけます。
脇のニオイが気になる人の主な原因は汗と菌。

 

アポクリン線と呼ばれる汗腺から分泌される汗にはアンモニアをはじめとしたいろんな成分がふくまれています。

 

その成分が汗として分泌され皮膚の常在菌によって分解されてしまうことでワキガのような強烈なニオイを発生させてしまうんですね。

 

ラポマインにはそのニオイの原因菌を殺菌する作用と脇の汗の分泌を抑える働きに優れるクリームになります。

 

ラポマインは用途が違う

ピューレパールが脇のニオイには意味をなさないのに対してラポマインは脇の黒ずみには意味をなしません。

 

販売会社が同じだということもありよくそれぞれの商品の違いがよく分からない。
違いがあるのか?どっちも一緒なんではないか?

 

と悩んでいる人も多いようなのですが、自分が今どのような悩みをもってその悩みを解決してくれるのはどちらの商品なのかをしっかりと理解しておきましょう。

 

  • 黒ずみで悩んでいるのであればピューレパール
  • ワキガで悩んでいるのであればラポマイン

 

それぞれを併用して使うのは?

ピューレパール ラポマイン

 

とはいえ脇の黒ずみで悩んでいる人でもワキガも同じく悩みの一つである人もいるはずです。
しかしピューレパールではワキガ対策にはなりえません。

 

ではピューレパールとラポマインを併用して使うことは可能なのか?

 

併用しての使用は可能です!
これは販売会社であるハーバーリンクスさんもそう答えています。

 

ただ、正しく使用する必要があり、先にお肌に塗るのはラポマインでそのあとにピューレパールを使うようにするようにします。

 

ただ当然お金がかかる

ピューレパール ラポマイン

 

併用使いが可能であったとしても2つの商品を使うことになりますのでその分お金がかかってきます。
ラポマインは通常価格で8560円かかりますが定期便がお得。

 

↓ラポマインの価格↓

通常価格 8,560円
定期初回 2,850円
定期2回目 5,700円
定期3回目 5,700円

 

定期便は3回の約束があることを考えても総額14,250円がかかってきます。
ピューレパールとの値段をプラスして毎月のお金と考えるとコストはかかってくるのは仕方ありませんね。

 

ラポマインはニオイケアでは実績もありますのでワキガの悩みをもっているのであれば併用しての使い方も検討する価値はあると思います。

 

ただ黒ずみの悩みを解消できればそれで充分!という人はラポマインを購入する必要性も併用するメリットもないといえるでしょう。