ピューレパール ピーリング

MENU

ピューレパールよりピーリングで黒ずみを目立たなくするデメリット

黒ずみを解消する方法のひとつにピーリングがあります。
ピーリングとは簡単に言ってしまえば肌の表面を削り取ってしまうこと。

 

ピューレパール,ピーリング

 

・ケミカルピーリング
・レーザピーリング
・クリスタルピーリング

 

など様々なタイプがありますがどれも古い角質を取り除くもの。

 

その役割をもっているのがスクラブです。
スクラブは触るとブツブツしていてその粒粒が肌の表面を削り黒ずみを目立たなくしてくれます。

 

とはいえ黒ずみをピーリングで削り落とすというよりも肌の代謝を高めて黒ずみの原因になるメラニン色素を排出します。

 

ターンオーバーが乱れがちになってしまうと角質が固くなり蓄積してしまいますが、ピーリングの作用で角質を削ることで新しい細胞が生み出されることになります。

 

ピーリングによって

 

・肌の代謝が高まる
・蓄積したメラニンを押しだす

 

そのようにして少しづつ黒ずみを目立たなくしていきます。
また黒いブツブツが埋没毛によるものでもピーリングは有効であるとも考えられています。

 

ピーリングは肌の弱い人にはおすすめできない

しかし黒ずみ対策にピーリングを使用するのにいくつかのデメリットもあることも事実。
ピーリングにはスクラブで肌の表面上の角質層を削り落とすためどうしても肌質によっては合わない人もいます。

 

とくに敏感肌のひとなんかがピーリングをすると肌荒れを引き起こすことも珍しくはありません。

 

脇やデリケートゾーンは皮膚が薄い箇所でもあります。
なので肌が強い人であっても必ずしも大丈夫であるとは言えませんので自己でピーリングを行うよりかは皮膚科の施術を受けるなどしたほうがいいかもしれません。

 

ピーリング後はしっかりと保湿ケアが必須

またよくあるのですがピーリングした後そのままにしてしまう人が多いと言われています。
しかしスクラブで角質をはがし落とした後はしっかりと潤いケアをするのが望ましいとされています。

 

ピーリングだけではなく+のケアも意識しないといけないことで途中でやめてしまったりしてしまう人も少なくはないので黒ずみクリームを塗るだけでいいピューレパールのほうが継続して黒ずみ対策ができることは魅力ですよね。