ピューレパール 重曹

MENU

ピューレパールでなく重曹を使ってケアするメリットや注意点

ピューレパール,重曹

 

夏の時期に気になるのが、脇の黒ずみ。
ノースリーブなどのアイテムを着用することも躊躇ってしまいますね。

 

脇の黒ずみは、重曹を用いたパックで解消するというケア方法があります。

 

実際に効果はあるのでしょうか。
また、危険性についても紹介します。

 

重曹を使用したパックであれば、手軽に行う事が出来るため、毎日のケアにも最適であると考える方も多いのではないでしょうか。

 

確かに重曹を使って黒ずみ対策は可能であると考えれますが黒ずみの原因が毛穴に老廃物や皮脂が詰まっておこる黒ずみの場合であることは理解してるほうがいいでしょう。

 

重曹による黒ずみ対策

脇などの毛穴につまっている老廃物は酸性であり弱酸性である重曹による中和することができるんですね。

 

重曹を使用すればタンパク質を分解することによって、黒ずみの元となる角質が柔らかくなり、剥がれやすくなるのです。

 

つまり、脇の黒ずみのケアは「角質ケア」という事ですね。

 

酸化して固くなってしまった皮脂などの汚れは普段使うボディーソープによる石鹸ではなかなか落ちにくい特徴があります。

 

そのため重曹でまずは汚れを落ちやすい状態にしてあげることがポイントになるんですね。

 

この角質ケアを行うと、肌のターンオーバーが促進されて新しい皮膚に生まれ変わります。
黒ずんだ皮膚が剥がれ、新しい綺麗な角質が生成されるという事ですね。

 

重曹によるケアの方法

ケアの方法は、洗顔料やボディソープを泡立てたら、重曹をひとつまみ加えるだけです。
脇に泡のパックを行いましょう。

 

重曹のアルカリ性と毛穴の汚れである酸性を中和させることで角質を落とすため、肌に乗せるだけのパックであっても効果が期待出来ます。

 

研磨効果があるため、強く擦るなどのマッサージをしてしまうと、肌を傷めるため注意が必要です。

 

パックを行った後は、しっかりと保湿をしましょう。
脇は摩擦によって黒ずみが発生しやすい場所でもあります。

 

外部刺激によって、メラニン色素生成されやすい場所なのです。
この摩擦を軽減させるためにも、保湿は重要。

 

さらに、色素沈着によって発生した黒ずみを消すためには、美白効果の期待出来る化粧品でケアを行うこともおすすめです。

 

ピューレパールのような化粧品であれば、重曹の様に、タンパク質を分解し肌を傷めるなどの危険性はありません。

 

コストパフォーマンスや手軽さも大切ですが、肌を傷めてしまったり黒ずみが悪化しない様、十分注意をしながらケアを行っいましょう。

 

重曹で黒ずみ対策する注意点

ピューレパール,重曹

 

ダメージにつながるので毎日しないようにする

重曹は皮膚のタンパク質を分解する効果もあるため、毎日ケアを行ってしまうと肌を傷める上に脇の黒ずみが悪化してしまう可能性もあるのです。

 

重曹を使用したパックは、1週間に1度程度に留めましょう。

 

毎日角質ケアを行ってしまうと、新しく生まれ変わって生成された角質まで剥がれ落としてしまうのです。

 

肌のバリア機能が低下し、摩擦の刺激を受けやすい脇は、黒ずみの悪化に繋がる可能性が高いでしょう。

 

重曹の種類を間違えない

重曹パックを行う際には、掃除用ではなく、必ず食用もしくは薬用の重曹を使用してください。
掃除用の重曹は粒子が大きく、肌への負担が非常に大きくなります。

 

生理中などの時期は使用しない

生理中や妊娠中といったホルモン分泌が過剰になってしまう時期は重曹による黒ずみ対策は控えましょう。

 

ホルモンバランスが乱れると刺激を受けやすくなるケースもありとくに脇のような皮膚が薄い箇所は注意したほうがいいでしょう。

 

あくまでも毛穴につまった角質汚れによる黒ずみ対策

重曹で対策ができる黒ずみはあくまでも毛穴につまってしまった角質や皮脂汚れによる黒ずみです。

 

紫外線の影響によるメラニン色素が原因の黒ずみや埋没毛による黒ずみに対しては重曹はあまり意味がありません。

 

自分の黒ずみがどのタイプの黒ずみの症状なのかを把握しておかないと逆に黒ずみを悪化させてしまう危険性があることを忘れないようにしましょう。

 

■合わせて読まれてます■
ピューレパールではなく黒ずみ解消石鹸ではダメなの?