ピューレパール イビサクリーム

MENU

ピューレパールとイビサクリームの違いを比較してみた!

ピューレパール,イビサクリーム

 

  ピューレパール イサビクリーム
通常価格 7,600円 7,000円
定期価格(初回) 2,750円 4,470円
定期価格(2回目〜) 4,750円(4回目から4,250円) 4,970円
定期便の縛り 初回解約OK 2回の受け取りが約束
保証 永久全額返金保証 28日間全額返金保証
成分 有効成分:水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K

ビサボロール・米糠抽出物加水分解液A ・水溶性コラーゲン液-4・ヒメフウロエキス皮膚老化防止8・ヒアルロン酸Na−2・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解ヒアルロン酸・トレハロース・ステアロイルフィトスフィンゴシン・濃グリセリン・トリメチルグリシン・エチルヘキサン酸セチルエモリエント・ステアリン酸POE(20)ソルビタン・カルボキシビニルポリマー・水酸化K ・キサンタンガム・ジメチコン天然ビタミンE ・BG ・1,2−ペンタンジオール・フェノキシエタノール・精製水

【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム

【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

安全性 合成香料、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤不使用 合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベン不使用
デリケートゾーンの使用

ピューレパール,イビサクリーム

ピューレパール,イビサクリーム

ちくびの使用

ピューレパール,イビサクリーム

ピューレパール,イビサクリーム

 

成分を比較してみた

イビサクリームの美白成分にはトラネキサム酸が使われています。
トラネキサム酸も黒ずみの原因になるメラニン色素を作り出すメラノサイトの活性化を抑える働きがあります。

 

ピューレパール配合の水溶性プラセンタエキス同様に厚生労働省に認定されている有用性のある成分なので安心できます。

 

ピューレパールとは美白成分が異なりますがどちらを使ってもメラニンには有用的に働いてくれると考えられます。

 

イビサクリームにはそのそかにもサクラ葉抽出液やカモミラエキスなどメラニンに働きかける成分も使われているのは魅力なポイントです。

 

また肌の負担を軽減するグリチルリチン酸ジカリウムはそれぞれに配合されていますのでその点では差はありませんね。

 

仕上がりを比較してみた

ピューレパール,イビサクリーム

 

脇やデリケートゾーンに塗った後にベタベタした仕上がりだといやですよね。

 

イビサクリームのテクスチャーは白で香りはありません。
柔らかいジェルタイプで質感はピューレパールに似ていると感じました。

 

どちらを塗っても全くべたつきはないので気になる箇所にストレスなく使えます。

 

またそれぞれに潤い成分が豊富に配合されています。

 

イビサクリームにはシロキクラゲ、ローズ水、ヒアルロン酸ナトリウムなど肌の保湿をUPしてくれる成分も8種類も配合されています。

 

ピューレパールにもトリプルセラミド、トリプルコラーゲン、トリプルヒアルロン酸といった保湿成分を配合。

 

黒ずみ対策で終わるだけではなく皮膚の乾燥を防ぎ潤いを与えてくれることでスベスベな仕上がりが期待できるのはうれしいですよね。

 

黒ずみが繰り返しできないように肌の土台つくりもしてくれるます。

 

コストを比較してみた

コストで考えるのであればピューレパールです。
イビサクリームも定期便購入で割引きがありますが価格に差がでます。

 

イビサクリームにはいくつかの購入プランが用意されていて通常価格7360円で送料が360円必要になってきます。

 

ただ定期購入(集中ケアコース)での購入はかなりお買い得になっています。

 

コンビニ払い カード払い
4,970円/送料無料 4,470円/送料無料

 

集中ケアコースには2本まとめ買いでも購入が可能で8800円/送料無料になっています。

 

なのでイビサクリームをお得に購入するのであれば定期便でカード払いしましょう。

 

またイビサクリームは定期縛りが2回約束されてるので必要最低限の費用も考える必要がでてきますね。

 

2回の受け取りをした場合の金額の差は、

 

  ピューレパール イビサクリーム
2ヶ月継続 7,500円 9,940円
内容量 60g 35g

 

内容量を見るとイビサクリームは少ない!と感じてしまう人も少なくはありません。

 

たっぷり使えることなども考えるとコストパフォーマンスがいいのはピューレパールになるでしょう。

 

ただそれぞれに全額返金保証が対象になってるので安心して試せるメリットがあります。

 

それでどっちがいいの?

ピューレパール,イビサクリーム

 

イビサクリームもアットコスメでの評価も☆4.9と満足度も高いクリームになります。

 

商品の質、安全性はそれぞれ大きな差はないといえます。

 

ただイビサクリームは脇よりも陰部のデリケートゾーンの黒ずみ対策に使う人が多く、ピューレパールは脇の黒ずみ対策に使う人が多い傾向があります。

 

基本的にどちらも全身に使えるクリームにはなります。

 

イビサクリームの基本情報

会社名 株式会社ファイブテイルズ
住所 106-0032

港区六本木3-10-9梶川誠志堂ビル5F

電話番号 03-5413-4390
商品価格 通常:7000円

定期:4470円

支払い方法 クレジットカード、後払い
公式サイト https://ibizabeauty.net/

 

■合わせて読まれてます
ピューレパールとハーバルラビットを購入するならどっちにするか比較