ピューレパール ハーバルラビット

MENU

ピューレパールとハーバルラビットを購入するならどっちにするか比較

ピューレパール,ハーバルラビット

 

  ピューレパール ハーバルラビット
通常価格 7,600円 7,000円
定期価格(初回) 2,750円 4,250円
定期価格(2回目〜) 4,750円(4回目から4,250円) 4,750円
定期便の縛り 初回解約OK 2回の受け取りが約束
保証 永久全額返金保証 60日間全額返金保証
成分 有効成分:水溶性プラセンタエキス・グリチルリチン酸2K

ビサボロール・米糠抽出物加水分解液A ・水溶性コラーゲン液-4・ヒメフウロエキス皮膚老化防止8・ヒアルロン酸Na−2・アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム・加水分解ヒアルロン酸・トレハロース・ステアロイルフィトスフィンゴシン・濃グリセリン・トリメチルグリシン・エチルヘキサン酸セチルエモリエント・ステアリン酸POE(20)ソルビタン・カルボキシビニルポリマー・水酸化K ・キサンタンガム・ジメチコン天然ビタミンE ・BG ・1,2−ペンタンジオール・フェノキシエタノール・精製水

有効成分:グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

その他の成分:3-O-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、精製水

安全性 合成香料、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤不使用 石油系界面活性剤、シリコン、着色料、アルコール、紫外線吸収剤不使用
デリケートゾーンの使用

ピューレパール,ハーバルラビット

ピューレパール,ハーバルラビット

ちくびの使用

ピューレパール,ハーバルラビット

ピューレパール,ハーバルラビット

 

内容成分の違いを比較

ピューレパール,ハーバルラビット

 

ハーバルラビットもピューレパールと同じく美白成分に水溶性プラセンタエキスを配合していますので黒ずみにしっかりと働きかけてくれます。

 

ただハーバルラビットはその他にもビタミンC誘導体も配合されています。
ビタミンCには様々な働きがありその中に優れた美白作用があることはご存知の人も多いかもしれません。

 

乱れた肌の状態を整えるためにグリチルリチン酸2Kも配合されているためピューレパールと有効成分に大きな差はないと考えれるでしょう。

 

使用感の違いを比較

ピューレパール,ハーバルラビット

 

実際に使ってみた使用感も大きな違いはないのかなと感じます。
ただよりしっとり感がほしいのであればハーバルラビットのほうが潤いとしては優れてるかもしれません。

 

注目したいのがトレハロースを使用しているところ。
トレハロースには非常に優れた保湿力、保水力があることが分かっています。

 

今でさえ抽出方法が完成されたことから入手もしやすくなってはいますが以前はかなり高価な成分であり希少性が高い成分になります。

 

トレハロースは水分の分子量との構造に類似していることもあり肌になじみやすい特徴をもつだけでなく、水分と結合し離さない性質があるため水分維持力に長けます。

 

使いやすさの違いを比較

ピューレパール,ハーバルラビット

 

ピューレパールはエアレス式で使いやすさとしては個人的には抜群だと思っています。

 

しかしハーバルラビットもなかなか負けていないなと。
チューブタイプなので衛生面でも問題なく使用できるし塗りやすい。

 

どちらのクリームにもいえることですが、デザインがかわいいので持ち運びに便利なんです。
仮に誰かに見られても正直黒ずみクリームとは気づかれないのはいいですよね。

 

コスパの違いを比較

コスパはやっぱりピューレパールのほうがいいです。

 

ハーバルラビットももちろん定期便での購入でなら40%も割引されます。
しかし2回の受け取りが約束されていますので最低支払金額を気にする人も少なくはないですよね。

 

  ピューレパール ハーバルラビット
2ヶ月継続 7,500円 9,000円
内容量 60g 35g

 

内容量もおよそ倍ほどとなってこの価格の差であるとリニューアル後のピューレパールはコストパフォーマンスが抜群で何カ月か使い続ける必要がある黒ずみ対策に強い味方であるといえます。

 

結局どっちがいいのか?

ピューレパール,ハーバルラビット

 

ハーバルラビットもアットコスメでの評価も☆4.2と高いですが、少し意見の投稿数が少ないのですがSNSでも注目されています。

 

ハーバルラビットもデリケートゾーンに使用する人が多い傾向にあります。

 

そのため内容量が少なくでも不満を感じる人も少ないのかもしれません。

 

脇はどうしても塗る面積が広くなってしまいがちなのでもしかしたら脇の黒ずみを中心として対策をしたいのであれば内容量も多いピューレパールのほうが満足度は高いかもしれません。

 

もしクリームが無臭よりもちょっとでも香りがあるほうが好みだという人は野ばらの香りがするハーバルラビットのほうが気に入るかもしれませんね。

 

ピューレパール同様ハーバルラビットにも全額返金保証制度があるので実際につかってみないと分からないというユーザーの不安を解消したお買い物ができるのは大きなメリットですよね。

 

ハーバルラビットの基本情報

会社名 株式会社ビズキ
住所 〒150-0031

東京都渋谷区桜丘町17-12渋谷ジョンソンビル4F-1

電話番号 03-5728-7720
商品価格 通常:7000円

定期価格:4250円

支払い方法 クレジットカード、コンビニ後払い
公式サイト https://store.bizki.jp/

 

■合わせて読まれてます
ピューレパールVSワキレホワイトを比較したそれぞれのメリット、デメリット