ピューレパール フェノキシエタノール

MENU

ピューレパールの使われる防腐剤フェノキシエタノールとは?

フェノキシエタノールは玉露や緑茶に含まれる成分であることもあり安全性に優れた防腐剤

 

・少量でもしっかりと劣化を防ぐ

 

という大きなメリットがあるのがフェノキシエタノールになります。
オーガニック化粧品などをはじめ多くの化粧品でパラベンではなくフェノキシエタノールを防腐剤として使用するところが増えピューレパールもその一つになります。

 

フェノキシエタノールは本当に安全性が高いのか?そもそもなまえにエタノールって書かれているけど?と心配になる人もいるかもしれませんがイメージしているようなエタノールとは分子の構造が異なります。

 

なのでフェノキシエタノールは敏感肌の人でも刺激を受けにくい成分であると考えられるでしょう。

 

ピューレパールはもちろん化粧品もやはり開封してしまうと時間が経過するにつれて酸化し腐っていきます。
つまり菌が増殖してしまうんですね。

 

もし防腐剤を配合されていないとすると菌はそのまま増え続けるだけ。
菌だらけのジェルをワキやデリケートゾーンに塗るわけにもいかないですよね。

 

防腐剤は肌に負担を与えてしまう成分だと考えられていて一切配合されていないほうがいいとイメージする人も少なくはないですが必ずしもそうではないということです。

 

むしろ商品を長く安全に使い続けることを考えるのであれば防腐剤を使っている方がいいとも言えます。
より低刺激でなおかつちゃんと菌の殺菌を防ぐフェノキシエタノールは優秀だといえるでしょう。

 

防腐剤として有名な成分になるパラベンと比べると防腐力は劣るのではと思いがちですが近年はそんなこともありません。

 

確かにパラベンのほうが力は上であるためその分フェノキシエタノールの配合する量を多くしないといけないとも考えられてきましたが今は少ない量でもしっかりと役割を果たしてくれるんです。

 

またピューレパールはエアレスボトルでの利用になるのでより衛生的に長く使えるのもメリットですね。